CORNER POCKET の歴史

HOME > CORNER POCKET の歴史



写真をデジタル保存しようと整理していると懐かしい写真が沢山出てきて、何となくそいつらを並べてみようと思う。
できたら、お客さんの膨大な写真を載せたいんだけど、問題もあるだろうしね。残念だね。
ぼちぼち写真など増やていきます。


1991年11月25日 新宿7丁目のこの小さなビルの地下でCPは始まった。
実は19日からプレオープンで知人を毎日呼んだから、11月19日を創業日とした方がよさそうだ。
花は要らないと言ったけど、酒屋さんと大家さんが贈ってくれた。
ま、一応これがあると開店らしくなる。
しかし、寂しい街だった。
特にあの頃はね。
開店前夜あたりだろうな。
一応酒も揃った。
お客が座ると後ろを通るのに一声かけないといけないほど狭かったけど、これが良かったような気がする。
プレオープン初日。
今だから言えるが、まだ会社を辞められなかった…。
だからこんな格好。
毛も黒い。
34歳だもんなぁ…。
知人だけでなく、だんだんと近所に住む若者らが集ってきた。
なんと、最初は集客の為にカラオケを置いてたんだ。
N社の寮の連中もこうして遊びに来た。
左は、なんと今はCORNER POCKETで働いている鳥山君だ。
縁は異なもの。
しかし、だせえ青年だ。
そんなわけで、僕もカラオケを歌っていた。
しかし、もみ上げの長さが気になる。
このアホな姿を見ると、「alone」って歌を歌っているに違いない。
この歌を土曜の朝10時に二丁目の電信柱に登って歌って、警察に怒られた。
当然、泥酔していた。
この頃の体重は61kg、ボクシングをやっていた。
今はちょうど20kg増えた。
あぁ…
93年だったかなぁ、ビーグル犬のベイシーが店の一員になった。
この野郎は値段ばかり高くてバカ犬だったけど、人気があった。
こいつに会いにこうして子供達も夕方集っていた。
一番右の小学生がこの前(2005/1)CPに来ているのに偶然会った。
もう、大学3年になる。感激したね。
あ、この犬はその後「今日のわんこ」にNo.95で出た。
遥か後に番組の企画で、こいつがモデルになって250円でマスコットがセブンイレブンで売られた。まだ、宮崎市で生きているらしい。
会いたい。


93年だったかライブも始めた。
あの小さな店でね。ライブをやりたくて、奥の方のカウンターを切っちまって…。
よくまあ、やったもんだ。
ブギーボーイ・イクトバンド、高嶋、三浦、広瀬…各氏にはよく出て頂いた。
2005年には遂に真打になる三遊亭金太氏もこの年に二つ目になったばかりだった。
ライブを運営するのは本当に大変だ。
駅前のでかい店じゃないんだからね。
でも、大勢の人に支えてもらった。
ありがとう。
1994年、雑種のザッシュが仲間に加わった。
こいつは賢い犬だ。
1995年6月、3年半やったパルサービルから50mの所にある今のCPに移転。
この写真はもうちょっと後だな。
あゆみちゃんがごみを捨てに出るところだから…。
看板とかも手作りが多かった。
地下鉄が通る通ると言われてたけど、全然完成しない。
この頃はこの職安通りも広いばかりで人通りが少なかった。
ゆったりとした革の椅子で贅沢な空間だったな。
カウンタ以外にも結構広くていつもレイアウトを変えていた。
割と広い店内はこんな風にライブもしょっちゅうやってた。
ピアノが2台もあった時期がある。
ダーツをやったり、楽しかった。
1996年から新宿7丁目にTENCOUNT, 世情,BROWN SUGARと3階にはカラオケルームみたいのも開店した。
今思えば日本の景気は悪くなる一方だった。
1996年の写真。
1980年にメキシコで出会った青年と16年経って偶然出会った。
故圭太郎氏は毎日のように飲みに来てくれた。
この頃から、そんな偶然がまあ良くある店になった。
…不思議。
1998年、その圭太郎さんも急逝した。
最後に飲んでいたジン。
出会いがあれば別れが常だけど、できればそんな事を考えられないくらい楽しい毎日を過ごしたい。
1998年、新CPに新入りコブがやってきた。
この野郎がまた役者で、どうも憎めない。
毛が伸びるとほとんどモップ状態で店にいる。
こんな風に犬がいつもお客と同じ様に座っていた。
開店当初からランチをやった。
高校時代、校門の前にあった「デリー」のカレーの味が忘れられず、随分研究した。
少し似たような味になって、満足がいったからコーヒーつきで500円で初めて、いまだにそのままやっている。
こんなちゃちな看板を作って、当時はまだ500円でコーヒー付きというと、すごく安かった。
今こんな時代になって、ワンコインだとか安いものだらけだけどね。
お客さんは沢山来てくれるようになったけど、いまだに儲からない。
ま、それでいいのかもね。
1996年にはバーの隣の店舗が空いていたのでここにプールバーを作った。
そのうち今のマスター谷山がやってきて、彼に任せることにした。
玉台がひとつだけのプールバーってのもいい。
2000年、歌舞伎町に「下宿屋」を開店するのを機に一人でも店を仕切れる様に考えて考え抜いて今のCPに改装し、ガラッと雰囲気が変わった。
いい事も悪いこともあり。
                             今後も時々追加していきます。

お問い合わせはこちらから